在籍確認の電話を避けるには?

在籍確認の電話を避けるには?

急な出費や給料日前のちょっとした借り入れに便利なのがカードローンです。
カードローンの申し込み時には必ず審査があり、きちんと返済が行える利用者かどうかチェックしています。
カードローンの審査で最も不安視されるのが在籍確認です。在籍確認は、申込者が申告した職場に勤めているかどうかを確認する行為です。普通、職場に直接電話をかけてその職場に勤務しているかどうかの確認を行います。

 

直接電話をかけるため、職場の同僚や上司にカードローンの申し込みが知られてしまうリスクが存在します。しかし、誰だって借金をしていることを周りに知られたくはないはずです。できれば電話をかけず済むカードローンを利用したいものです。
そんな要望に答えて、大手カードローンの中には、職場に電話をかけずに在籍確認できる業者があります。

 

●電話せずに在籍確認する方法

大手カードローンの中には、社員証や会社の健康保険証を提出することで、電話確認の代わりとできる業者があります。
社員証も健康保険証も、その会社に勤務している人だけが持つことのできるものです。どちらかを提出すれば、その会社に勤めている証明となるため、電話をかける必要がなくなります。

 

●必ずしも社員証・健康保険証で代用できるとは限らない

一部のカードローンでは社員証や健康保険証で在籍確認が可能ですが、常に使える方法ではありません。

 

大手消費者金融や銀行カードローンであれば、どうしても電話してほしくないという人への対応も行っていますが、中小の消費者金融や地方の銀行カードローンでは対応が難しいというところも少なくありません。
大手の中にも「在籍確認は電話に限る」という業者もあり、大手ならどこでも電話をなしにできるというわけでもありません。

 

また、申込者の状況も影響します。
過去に延滞したことがある人や、他社から既に何件も借り入れをしている人は、注意すべき利用者とみなされます。当然審査も厳しくなるため、在籍確認も電話でのみ対応となってしまいます。

 

在籍確認の電話をなくせるかどうかは、その時々によるため、一概にこの金融業者であれば大丈夫だとは言えません。絶対に電話されても困るという人は、大手消費者金融を選ぶだけでなく、電話なしにできそうかどうか事前に必ず相談するようにしましょう。

 

●在籍確認はどんな風に行われるか

基本的に、在籍確認ではカードローンの審査だと分からないように気をつけて電話をかけます。
職場に電話がかかってきたからと言って、すぐにカードローンの申し込みがばれてしまうというわけではありません。
ただ、中小の消費者金融の中には、社名を出してしまうところもあります。心配な人は、申し込みの際に在籍確認のやり方について聞いておくと安心でしょう。

 

大手の場合、電話をかける担当者は自分の苗字だけ名乗り、消費者金融の社名を出すことはありません。その後「○○さんはいますか?」と聞くぐらいで、申込者のことをあれこれ聞き出すこともありません。
よほど電話の少ない職場でない限り、怪しまれる心配は少ないです。

 

もし周りの人に何の電話か聞かれた場合は、「クレジットカードの在籍確認だろう」と答えておくのが無難でしょう。クレジットカードを作る際にもカードローンと同様に在籍確認が行われることがありますが、カードローンよりも印象がよく、それ以上何か追求される心配もありません。友人や知り合いからの電話であるだとか、怪しい商品の勧誘をされたというのも言い訳としては使えます。
どちらにせよ、動揺してしまうと怪しく見えてしまうため、言い訳をする時は堂々としておくようにしましょう。

 

●在籍確認は必ず行われる

在籍確認の電話を書類提出で代用できる業者はありますが、在籍確認をなくすことのできる業者はありません。

 

なぜなら、申込者がきちんと返済できるかどうかのチェックとして在籍確認を行っているからです。
お金を貸す以上、返済がなければ商売になりません。融資を行うのは返済能力があるだけで、貸したお金を返せそうにない人に貸すわけにはいきません。
そのためには、申込者が働いていて、定期的な収入があることが必要です。

 

ですから、大手だろうと小規模な消費者金融だろうと在籍確認はきちんと行います。

 

●土日の在籍確認

土日や祝日に在籍確認が行われるかどうかは、申し込んだ業者がその日に審査を行っているかどうかで決まります。

 

大手消費者金融では、土日や祝日でも審査を行っているところが多いです。反対に、中小の消費者金融や銀行カードローンでは平日にしか審査をしていないというところも多いです。
在籍確認は審査の一環で行われるものですから、当然土日や祝日に審査を行わない業者では在籍確認も行いません。

 

ただ、土日に審査を行っている大手消費者金融でも、必ずしも在籍確認できるとは限りません。在籍確認には勤務先の会社の休みも関わってくるためです。
職場が休みで電話を取れる人がいなければ、在籍しているかどうかがわかりません。せっかく土日に審査を行っている業者に申し込んでも、在籍確認のためにそこで審査が止まってしまうということもあります。

 

職場が休みで在籍確認が困難な場合、相談すれば社員証などの提出で一旦在籍確認の代わりとできるケースもあります。この場合、借りられる金額は少額になることが多いですが、急にお金が必要になった場合にはありがたいです。
ただ、この場合でも書類提出で電話の代用とできるかどうかは、業者や状況によります。

 

土日や祝日に急な借り入れを必要とした際は、その日に審査を行っているかどうかだけでなく、在籍確認ができるかどうかも注意しましょう。

 

 

●派遣社員の在籍確認

派遣社員の場合、在籍確認をどこにするかというのは重要な問題です。派遣社員が所属しているのは派遣元ですが、普段勤務しているのは派遣先だからです。

 

個人宛の電話があって自然なのは派遣先ですが、派遣先に在籍確認をする場合には注意が必要です。
電話を取った人が派遣社員の名前を把握していなければ、「分からない」「知らない」と言われて審査に落ちてしまう可能性があります。
把握されているかどうか不安な場合は、派遣元に在籍確認をしてもらったほうが無難です。