窓口にいるところを見られてキャッシングがバレる?

窓口にいるところを見られてキャッシングがバレる?

銀行や消費者金融の窓口でキャッシングがバレてしまうリスクはあります。
そんな時に便利なのが無人契約機です。

無人契約機の利用手順

窓口と違って、スタッフと顔をあわせて話をすることはありませんが、こちらには見えていないだけでモニターの向こうにはスタッフがいます。
あらかじめ用意してきた身分証明書を、契約機の指示に従いセットします。
その時に、所定の申込用紙も契約機のスリットに挿入していきます。
その都度、オペレーターから指示があります。
オペレーターは機械的でなく、カメラを通じてあなたの姿を見ていますから、相手が機械だと思って、
携帯をいじりながらだったり、またあまり人に見せられない行動をしていると、恥ずかしい思いをすることになります。

 

所定の用紙を提出し、審査の結果が出るには情報確認のために時間を要します。
提出された情報に嘘や偽りがないかを、すべて調査するのです。
オペレーターは地図を使って、あなたの記入した住所を調べます。
自宅や職場には個人名を使って、あなたの知り合いを装って電話をかけ、本当にその場所が住宅地で、記入した住所にあるかどうかを確かめます。

 

保証人や、担保が不必要なキャッシングは、あなたの毎月の収入を担保と解釈しますから、実は職場がなかったり、無職であったりでは契約は難しいので注意をしてください。
重ねて書きますが、無人契約機といえどもカメラの向こう側には、距離があってもスタッフがいて、実際に詳しく話をすることもできます。
スタッフは多くの利用者と話をしてきていますから、その道のプロと言えます。

オペレーターはどんな感じ?

話す仕草や表情で嘘を言っているとわかるオペレーターもいます。
また、簡単な質疑応答から、数社の借入があるかどうか、また、その総額はどのくらいになっているのかということも検討がつくと言われています。
最近では、パスポートなどの身分証明書を偽造するという犯罪、悪質なケースも見られるそうですが、所定の場所にセットすると、偽造した身分証明書は専門のカメラが反応して、直ぐにわかります。

 

まさに無人契約機は千里眼とも言えるでしょう。
そういった調査を終え、審査が通過すればカードが発行されて、借入が可能になります。
そのカードはキャッシングマシーンで利用できます。
あなたが誠実な申告をすれば無人契約機は、どこにでもあるとても便利な存在ですので、利用を考えてもよいと思います。