郵便物の差出人名でキャッシングがバレる?

郵便物の差出人名でキャッシングがバレる?

在籍確認などの業者からの電話連絡が家族に知られなくとも、次に不安になるのが郵便物です。

銀行からの郵便物の場合

契約を結んだ時に送られてくるキャッシュカードや利用規約、借入や返済のたびに発行される利用明細書などがあります。
銀行からはそのまま銀行名で郵便物が届きますが、これはその銀行口座をの所有者にも送られてきますから、外から見て不審に思われることは少ないでしょう。

消費者金融からの郵便物の場合

多くの消費者金融は、差出人を個人の名前に変えたり、企業名を変えたりして送って来ます。
例えば「ACサービスセンター」はアコム、「AIセンター」はアイフルなどが名前を変えたものです。
また、郵便物を一切送ってこない「自宅への電話なし、郵便物もなし」というキャッシング業者も最近はあるのでそちらを利用する方法もあります。

それでも不安な場合は?

それでも自宅や職場に連絡が来てどうしよう、など不安な場合はインターネットを有効に利用してみてはいかがでしょうか。
各業者のインターネットサイトから申し込みをして、審査の結果は携帯電話にかけてもらう。
そして、契約が結べたら店頭窓口までカードを取りに行き、その後の利用明細の確認はその都度インターネットのホームページで確認するという方法を取れば、
自宅や職場に電話連絡や、郵便物がくることはまずないでしょう。