学生でもキャッシングができるの?

学生でもキャッシングができるの?

学生であっても、アコムなどでキャッシングを申し込むことができます。
学生のキャッシングを制限している消費者金融も中にはありますが、20歳以上で収入があれば学生でも可としているところが多いです。
そうは言っても、学生がはじめてキャッシングを申し込むとなると、色々な不安がつきまとうことでしょう。
例えば、社会人とくらべて審査が厳しいのではないか。お金を借りているのが親や学校に知られてしまうのではないか……
ここではまず、学生がキャッシングを申し込む時の審査について説明していきたいと思います。

 

 

実際にキャッシングできるの?

 

ルール上は問題無いとされていても、実際に学生がキャッシングを利用しているのでしょうか。
そこで、アコムに聞いてみたところによると、実際に学生が借りているケースもあるそうです。
保護者の同意や、保証人・担保なども必要ありません。

 

キャッシングを申し込むと、学生であれ社会人であれ審査が必要です。それは、どこの貸金業者でも変わりありません。
審査の基準は、学生もそうでない人も同じで、学生だからといって厳しくも優しくもなりません。
お金を貸す側にとって大切なのは、借りた人がそのお金をきちんと返済できるかどうかということです。
返済能力は、収入やクレジットカードの支払状況、過去のキャッシング等の記録を元に判断されます。
審査の時に職業を明らかにする必要がありますが、それは定期的な返済に足りる収入があるかどうかを判断する材料にすぎません。

 

 

審査に有利になる条件は?

 

一番大切なのは、安定して収入があるということです。
「安定した収入」と言っても、金額が大きい必要はありません。
アルバイトによる月数万円の収入であっても、毎月同じぐらいの収入があれば問題ありません。
一般的に、キャッシングの返済一回分が少額なため、定期的であれば少額でも十分なのです。
審査の時、収入を証明するものがあるとより有利になります。
最近の給与明細があるといいです。

 

正社員と違って雇用が不安定と捉えられやすいアルバイトですが、家庭教師や塾講師など、急にやめることの少ないアルバイトをしている場合は、有利となることが多いようです。
反対に、日雇いバイトなど収入の有無が不安定だとやや不利に働きます。
また、アルバイトなどをしておらず本人に収入がない場合は借りる事ができません。
親からの仕送りは本人の収入ではないので、定期的な収入とはみなされません。

 

また、本人確認の書類として保険証を提示する際は、国民健康保険の保険証よりも他の保険証の方が有利になるようです。
アルバイトであっても、勤務時間や勤続年数によっては健康保険への加入ができるようにしている企業もあります。
会社の健康保険に入るには2ヶ月以上の勤務や正社員の3/4以上の出勤などが条件にされることが多く、安定した収入の証明になるからです。
会社によって基準や加入の度合いは様々なので、詳しくはそれぞれのアルバイト先に聞いて見てください。
本人確認の書類は、保険証の他に運転免許証やパスポートでもOKです。